マルコの日記

私も人の子、いろいろ吐き出したいことがあるんです。

日本対パラグアイ戦、日本代表はPK戦で散る

いやあ、惜しかったですねえ。もう少しで8強に手が届きそう
なところまで行きましたからね。PK戦になった時点でどっちに転ぶか
わからないわけで、あの結果は仕方ないと思います。
駒野選手もそんなに気にする必要はないと思います。
駒野選手を含めて、日本代表のみんなは見ている者に夢や勇気を
与えてくれて感謝します。

ただ、駒野選手はちょっとプレッシャーに心を支配されていた
って表情だったかな。キーパーの川島選手もね。もっと相手を
見てから動いていたと思うけれど、1球目以外は簡単に動い
てたと思う。フェイントとかいろいろやったら面白かったと
思いました。

 

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第19日の29日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合。1次リーグE組2位の日本(世界ランク45位)は、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場でF組1位のパラグアイ(同31位)と対戦。両者90分間で得点なく、延長戦でも決着が付かず0−0。今大会初のPK戦に突入し、日本が敗れ史上初のベスト8進出はならなかった。パラグアイはベスト4進出をかけ、7月3日午後8時半(日本時間4日午前3時半)の準々決勝で、スペインとポルトガルの勝者と対戦する。
 PK戦で日本は、1人目の遠藤、2人目の長谷部が成功。3人目の駒野が失敗。4人目の本田が成功した。パラグアイは5人が成功し、この時点でパラグアイの勝利が決まった。
 試合は序盤から、パス回しと個人技に勝るパラグアイが主導権を握り、日本はボールを奪っても後ろからのサポートが遅れ、パラグアイの守備につぶされた。後半も中盤で効果的な組み立てが出来ず攻撃が停滞。後半20分、松井に代え、デンマーク戦で1得点している岡崎を投入。36分にはアンカーの阿部を外して中村憲を投入し、攻撃的にシフトして勝負に出たが、堅守にはばまれた。延長後半からは大久保に代え玉田を投入したが、得点を奪うことはできなかった。」

http://live.southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100630-00000002-maiall-socc






6歳の女の子が出来た犬のしつけ本・飼い方マニュアルの感想

日本代表、松井大輔選手にスペインの名門クラブから完全移籍のオファー

まあ、今までの働きをみれば、いくつかのクラブから声が
かかって当然の選手ですよね。
ただ、願わくば次のゲームでゴールでも決めて、もっと格の
上のチームからも声がかかればいいですね。
結局、いくのはラコルニャがいいと思うけれど。有名クラブの
万年サブよりも、必要とされるチームでレギュラーの方がいい
ですからね。



「スペインの強豪ラコルニャが、W杯でブレーク中の日本代表MF松井大輔(29=グルノーブル)の獲得に動き出したことが27日、明らかになった。関係者によれば、今夏に完全移籍での獲得を目指すオファーが届いたという。既にドイツ、フランス、ロシア、ウクライナ、イタリアなど欧州の複数クラブが争奪戦を繰り広げているが、念願のスペイン移籍が本命に浮上してきた。
 岡田ジャパンの不動の右サイドとして輝きを放つMF松井に、世界最高峰スペインリーグの名門ラコルニャから電撃オファーが届いた。フランスで6年プレーするファンタジスタは欧州でも評価が高く、6カ国のクラブが獲得を目指しているが、一気に本命候補に浮上した。
 ラコルニャは強豪がそろうスペインでも常に安定した成績を維持。99〜00年にはリーグ初制覇、その後も欧州CLを席巻して黄金期を築いた。今季は10位と低迷したが、シーズン終盤に負傷者が続出したのが原因だ。布陣は岡田ジャパンと同じ4―2―3―1。W杯を見たロティーナ監督が、左右いずれのサイドでも攻撃の起点となる松井の動きに目を留めたという。」

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100628-00000020-spn-socc





八田式ストレッチ Body Work Theory

日本がインドと原子力協定を締結するそうです

民生利用ならいいんじゃないでしょうかねえ。
インドは既に核兵器も保有しており、軍用の可能性も大きくないと
思いますし、日本だけ意地を張って乗り遅れるのも無意味です。

また、覇権主義の中国をけん制する意味でもインドとは仲良く
しておいた方がいいです。それに世界第二の人口で市場も魅力的
だし、成長もすごいですからね。

 

「 岡田克也外相は25日の記者会見で、インドと原子力協定を締結する方針を明らかにした。28、29両日に第1回の締結交渉を都内で行う。核拡散防止条約(NPT)に加盟せず、核兵器を保有しているインドとの協定締結には政府内に慎重論もあったが、同国での原子力ビジネスに期待する産業界の要請や、地球温暖化防止の観点から、交渉に入ることを決めた。
 核関連技術の移転規制を目的とした、日本などが加盟する「原子力供給国グループ(NSG)」が2008年9月、インドとの民生用原子力の利用協力を例外的に容認。同国は既に米仏ロなど主要国と原子力協定を結んでいるほか、韓国とも締結交渉を進めている。しかし、唯一の被爆国である日本は、国民感情にも配慮し、他国とは一線を画してきた。
 一方、エネルギー需要の増大が見込まれるインドが積極的に原子力発電の導入を進める中、経済界では「日本だけが乗り遅れている」との懸念が高まっていた。
 このため政府は、インドが核実験モラトリアム(凍結)を順守していることを考慮。インドでの原発の普及が温室効果ガス削減にも資することなどから、協定交渉に入っても、国民の理解は得られると判断した。 」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000099-jij-pol





腹筋RED − キレイに割れた腹筋を作る専門書

 | HOME |  »

最近のエントリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


検索フォーム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

リンク


気になるサイト

ゴルフの飛距離アップ法
身体を柔らかくする柔軟ストレッチ法
バッティングのコツと練習
あごの痛みやあごのずれ
サルエルパンツ
パタゴニア アウトレット
ハミルトンの腕時計
宅配水ガイド「ウォーターセブン」
アフィリエイトツールで効率的に稼ぐ
宝玉ねっと
ふるさと青汁口コミ
ゴルフレッスンDVDランキング
「ゴルフ7日間シングルプログラム」の口コミ
【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD
遠藤彰弘×原澤祐介のサッカー上達プログラムって?
初心者にお勧めフロンティア・アフィリエイト
サッカー上達法DVDランキング
1日わずか10分のビジネスデッサン&スケッチ術上達法


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


 

楽天ウェブサービスセンター